RPAコラムRPA-COLUMN

RPAのロボットが増えた際の会計事務所・社労士事務所の姿

会計事務所と社労士事務所のロボットの数が増えることは、基本的に良いことです。

ロボット=デジタルレイバーと考えた場合に、人間からどんどんデジタルレイバーに業務がシフトしていく姿はRPAのあるべき姿です。

 

ただし、デジタルレイバーにできる範囲が広がることは一人の人が入社したと考えることにどんどん近づいていきます。

 

その結果、まずは、第一段階でパソコンをRPA用に購入する必要がございます。

 

また、どんどんできるようになってきた場合、デジタルレイバーが作業する時間が増えた場合に、会計ソフトや社労士ソフトもデジタルレイバーのために必要となってくる可能性が出てきます。

 

デジタルレイバーができる範囲が広がった際の、支出の増加を嬉しいととるか、悲しいととるか。

 

人間とデジタルレイバーの違いでいけば、人間はできる範囲が広がれば昇給が必然です。

また、人間は最初からパソコンの購入や、会計ソフト、社労士ソフトが必要となってきます。

 

そのように考えるとやはりデジタルレイバーの業務が増え、支出が出てくるということは喜ぶべきことかと思います。

「その他」に関する新着RPAコラム

最新のRPAコラム

RPAコラムカテゴリー