RPAコラムRPA-COLUMN

RPAで最初に作るロボット

RPAで最初に作るロボットは、

ロボットの制作時間がかからない簡単なロボットにすべきです。

いきなり、難しい工数の多いロボットを作成すると、エラーをたくさん引き起こし、

RPAを難しいもの、面倒くさいものと捉える可能性があります。

 

小学校の算数の世界でも、いきなり分数はできません。

足し算や、引き算等、基礎をしっかり行ってから

徐々に難しいロボット作成に臨むべきです。

 

ロボットが完成して、自分の思い通りに動くと人は必ず喜びを感じます。

喜びの積み重ねが、次のロボットの制作意欲をかきたてます

 

今後の会計事務所にとってRPAは必ず必要なツールになってきます。

最初とても意欲ある方が、途中で挫折するケースは

難易度の高いものを早期に作成するケースです。

 

ロボットの作成技術は、着実に伸びます

できるの積み重ねが、難易度の高いロボットを作成し、

事務所の生産性を飛躍的に上昇させます。

 

まずは、簡単なロボットの作成を是非行い、ロボットの動く喜びを感じて下さい。

「RPA基礎」に関する新着RPAコラム

最新のRPAコラム

RPAコラムカテゴリー