RPAコラムRPA-COLUMN

RPAでよくある失敗!!

RPAでよくあることが、せっかくロボットを作ったのに、ソフトウェアでその機能があることに気が付かないことです。

これは、一度は行ってしまうと思います。

私が最近行ってしまった失敗を二つ。

 

◎弥生会計補助登録ロボット

弥生会計の補助科目の登録ロボットを作りました。

作成理由は色々あります。

内訳書には、会社全体で標準化された補助科目があった方が良いと考えたためです、

他にも、補助を一つ一つ登録するより、エクセルで一気に入力して、RPAで登録することが便利だと思ったためです。

しかし、弥生会計には補助をCSVからインポートする機能がありました。

これで十分だということが分かりました。

 

◎マネージボードAIチェック登録ロボット

マネージボートのAIチェックを登録するのに1社30分以上かかっていました。

9割以上の会社のAIチェックの登録項目は同じです。

よって、AIチェック登録ロボットを作成しました。

しかし一度作成したAIチェックの登録をコピーできるという機能がありました。

また、業種別にチェックの項目も違うので10種類まで保存できるということを後から知りました。

 

◎まとめ

RPAのロボットを作るまでにまずは、ソフトでできないかを確認することは必要です。

できることはソフトはたくさんあります。
RPAの一つの良い点として、今まで使ってなかったけど便利な機能に気が付くという点です。

皆様は、私のように後からではなくロボットを作成する前に気が付いて下さい!!

「実際に作ったロボット」に関する新着RPAコラム

最新のRPAコラム

RPAコラムカテゴリー