RPAコラムRPA-COLUMN

突合(照合)とRPA

帳簿の突合をRPAに任せるとミスを減らすことができます。

RPAには色々な使い方や、ロボットへの任せ方があります。

人間がミスをしやすいところや苦手なところを

ロボットに任せることも一つです。

 

①突合とRPA

突合とRPAは、相性が良いです。

人間が行ったものをロボットに突合させるという方法があります。

逆に、ロボットが作業を行ったことを人間が突合することもあります。

どちらを選ぶかは、得意な分野が違うので分かりやすいと思います。

 

②記帳の突合

記帳の突合作業は、人間は苦手とする人が多いです。

人間が記帳を行って、二重仕訳などの突合をロボットが行うというのは、

かなり効果があります。

今後、記帳の自動化に伴って、AI+RPAの突合はかなり効果を発揮します。

どんどん自動化を取り入れる事務所経営が、今後は大切だと思います。

事務所としてテクノロジーへの導入とチャレンジを行っていきます。

「経営」に関する新着RPAコラム

最新のRPAコラム

RPAコラムカテゴリー