RPAコラムRPA-COLUMN

“時間の余裕がある内に、RPAで効率化を!”

こんにちは。会計事務所RPA研究会 株式会社です。

本日は、関係会社でもある

「社労士事務所RPA研究会」のサイト上にあるコラムを1つご紹介します!

会計事務所の皆様にも通じる内容かと思いますので、ぜひご覧ください。

<<以下、引用>>
↓↓↓
————————

こんにちは、社労士事務所RPA研究会事務局です。

4月頃から社労士様のお問い合わせが増えております。

その中で「RPAによる効率化を前々から考えてはいたが、いつから着手しようか決めかねていた

というような声を多くいただきましたので

今回は“RPA導入に着手するタイミング”について触れてみたいと思います。

 

「どのタイミングでスタートを切るのがベストか?」

というのは各事務所様によって繁忙期のタイミングや、どのような顧問先様を抱えているかなどで違ってくるかと思いますが

余裕がなくなる前にスタートを切った方がいい」ということは言えるかと思います。

実際にこれまで多くの社労士事務所様のRPAによる自動化をお手伝いさせていただきましたが

代表者もスタッフも皆様がそれぞれ忙しい状況の事務所様の場合

どうしてもRPAに着手してから自動化の実現までのスピードが遅くなってしまいます。

 

忙しい

効率化のためにRPA導入に着手

担当者が既に実務でパンク寸前なので
・まとまったRPA学習の時間を取れず、操作を覚えるのが遅くなる
・シナリオ作成が少しずつしか進まない

RPA担当者のモチベーションが下がる

更に進みが遅くなってしまう

RPA導入を断念

ずっと忙しい

最悪の場合、上記のようなスパイラルに陥る可能性も出てきてしまいます。

RPAに限らず、新しいツールの導入というものはついつい先延ばしになりがちですが
RPAの場合

・どのRPAツールを選ぶのか
・誰をRPA担当者に抜擢するのか

と同じくらい「着手するタイミング」というのはRPA導入を成功させるポイントになってきます。


EzRobotは月額4万円(社労士様特価)・無料トライアル有・無償フルサポートと、導入ハードルの低いRPAとなっております。
実務が増えて余裕がなくなる前に是非一度まずは無料トライアルからお試しください。

(引用元:https://roumu-rpa.com/column/rpa0067/
————————

いかがでしたでしょうか?

負のスパイラルでもがく前に、

余裕のある時期こそ、「未来の余裕」のタネを巻いておきましょう!

また有用なコラムがありましたらご紹介してまいります。

最新のRPAコラム

RPAコラムカテゴリー