RPAコラムRPA-COLUMN

既存システムとRPAの関係

◎基幹システムとの関係

RPAの良いところの一つに

既存システムの変更を行わないでも良いという点があります。

RPAを導入することにより、

既存システムの改修をしなければいけないということはないです。

RPAは、会社が持っている販管システムなどの基幹システムを

そのままの状態で使うことができます。

基幹システムをより便利にすることができるテクノロジーです。

 

◎会計システムとの関係

会計ソフトや申告ソフトにおきましても、

RPAが役に立たないソフトはございません。

親和性が高いものとそうでないものがございますが、

人間の手を楽にしてくれることは間違いありません。

 

◎今後の顧問先導入を目指して

会計事務所でRPAが生産性を向上ができた際には、

顧問先への導入コンサルも付加価値の高いサービスになります。

その際に、様々な顧問先が基幹システムを導入しています。

基幹システムを便利にするツールとして、

是非RPAをお勧めして頂ければと思います。

「RPA基礎」に関する新着RPAコラム

最新のRPAコラム

RPAコラムカテゴリー