RPAコラムRPA-COLUMN

弥生会計スマート取引取込ロボット

◎記帳の自動化の流れ

記帳入力の自動化は、近い将来税理士の仕事を変革させる一つになります。

現在は、一部の機能に留まる自動化も、将来的に完全自動化、最低でも8割自動化にはなります。

 

◎会計事務所で圧倒的なシェアをほこる弥生会計の自動仕訳(“スマート取引取込”)

会計事務所の中で約半分の事務所が使用している弥生会計。

弥生会計の仕訳一部自動化がスマート取引取込。

領収書をカメラやスキャンで自動的に仕訳を行うというものです。

 

◎会計事務所で一番活用されている“スマート取引取込”の事例

この弥生会計スマート取引取込が一番会計事務所で活用されているのが、

銀行取引の自動仕訳です。

顧問先から銀行取引のCSVを送ってもらい、

当該データを弥生会計スマート取引取込を実行することにより、

銀行取引の自動仕訳を行うことができます。

(もちろんチェックは必要です)

 

◎スマート取引取込ロボット

顧問先からCSVで送って頂いたデータを、RPAが自動で弥生会計を立ち上げ、

弥生会計スマート取引取込に実行するというものです。

顧問先からCSVを送ってもらえれば、あとは弥生会計を人間が立ち上げる必要もなく、

預金の仕訳が完成しています。

人間は、仕訳チェックを行うだけのものです。

当該ロボットは、RPAの中でも簡単にできるロボットです。

是非、作成して試して頂ければ、より自動化が進みます。

 

◎顧問先の30%で使った“スマート取引取込”の使用感

最初の登録にも時間がかかるわけではないし、

毎月確実に便利になっているという実感があります。

印象として、かなり便利になると皆さん感じるでしょう。

 

◎顧問先へスマート取引取込を増やすための努力

やはり、顧問先への協力は必要不可欠です。

弥生会計ユーザーの顧問先ほぼ全てに、“スマート取引取込”を導入したいですが、

現在銀行取引をCSVで送って頂ける顧問先が30%のため、導入率も30%になっています。

毎月、スマート取引取込の顧問先を増やす努力、顧問先への協力要請を行っています。

スマート取引取込を行うことで、少しでも時間が空いたところを

付加価値の高い業務にシフトチェンジしていっています。

 

◎今後の会計事務所にとっては非常に大切な機能

今後会計事務所の勝ち組と負け組、生産性の高い事務所と低い事務所の差は

自動化がどれだけ“早期”に、“多く”の業務を行えるかによります。

自動化の機能をいち早く取り込み、その流れにのって、

記帳代行から色々な業務を自動化を行うことが必要です。

自動化の第一歩として、“スマート取引取込”は非常に扱いやすい機能です。

また、“スマート取引取込”を行うためには、顧問先の“紙媒体からの脱却”が必要不可欠です。

“紙媒体からの脱却”は、今後の会計事務所の生産性向上の全ての肝になります。

 

是非、皆様の事務所におきましても、

まだ“スマート取引取込”を機能を使われていない事務所は導入して頂き、

現在導入している事務所におきましても、より導入率を上げる取り組みを行って頂ければと、

過渡期における会計事務所の経営に関して、他の事務所より優位性を確立できると考えています。

「実際に作ったロボット」に関する新着RPAコラム

最新のRPAコラム

RPAコラムカテゴリー