RPAコラムRPA-COLUMN

工数削減のその先!!

◎優先順位を決める上で大切な工数削減

RPAの導入を行う事務所の方は、工数削減を期待される方が多いと思います。

工数削減は、とても大切な考え方です。

ロボットを作成する時間と工数削減を考えて、

作成するロボットの優先順位を考えるなど、工数削減はRPAには絶対に大切です。

 

◎工数削減はゴールではない

ただし、工数削減はゴールではないです。

工数削減をした削減された時間を何に使うかは、もっと大切なことになります。

残業が多い事務所であれば、工数削減によって残業を減らすことができます。

しかし、人間の行ってきた単純業務をRPAに任せることで工数削減した時間を

より付加価値の高い生産性向上を行う業務に変化することができます。

 

◎高付加価値の業務実現

工数削減を行う際には、削減した後にどんな作業を行うことがとても大切になります。

RPAだけではなく、今後記帳や給料計算等色々な業務が自動化されていきます。

自動化されて人間の手が必要なくなった時間で、何をおこなうか。

非常に大切な考え方ですので、

削減された後に高付加価値の業務の実現を是非行って頂ければと思います。

 

「RPA基礎」に関する新着RPAコラム

最新のRPAコラム

RPAコラムカテゴリー