RPAコラムRPA-COLUMN

人を雇う?ロボットを雇う? 〜RPAと人間の違い〜

こんにちは。

会計事務所RPA研究会のS美です。

「繁忙期前に、社員やパートアルバイトを雇う」

これはよくあることですよね!

一方で、実は最近、

「新規スタッフを採用する代わりにロボットを検討したい」

というお問合せが増えております。

つまり、人を雇うのではなく「ロボットを雇う」という発想です。

 

今日はそれぞれのメリット・デメリットを考えてみましょう!

【人を雇う/メリット】

・”今まで通りのやり方”という「安心感」がある。

・良き人材に巡り会い、教育がうまくできれば、
 想定以上のパフォーマンスを発揮してくれる可能性がある。

・互いにコミュニケーションを取れるので、
 新しい発想や気付きにつながる可能性がある。etc.

【人を雇う/デメリット】

・採用コストがかかる。

・求人を出してから採用までの期間が不確かで、
 求める人材が見つかるかも不透明。
 また、面接など、時間と手間がかかる。

・戦力になるまでの時間・教育・人件費が必要。

・退職・休職などのリスクがある。etc.

【ロボットを雇う/メリット】

・24時間365日、就業時間の制限なく、必要なだけ作業をさせられる。

・ミスなく正確に、人の何倍もスピーディな処理が可能。

・繰り返す単純作業のストレスからスタッフを解放できる。

・休職・退職などのリスクがない。

・人1人を雇うコストより安いケースが多い。etc.

【ロボットを雇う/デメリット】

・指示された通りにしか動けない。(判断、発想等を含む業務はできない)

・設定に相応の時間を要する。

・(人件費よりは安いケースが多いが)導入時や月額など、コストがかかる。

・ITに不慣れな場合、使いこなせない可能性がある。etc.

 

いかがでしょうか。

どちらが良い悪いではありません!

それぞれにメリット・デメリットがあり、

自事務所にとって、より必要な方を選択できれば良いですよね。

これまで、「人を雇う」という選択肢しか考えてこなかった方でも、

実は「ロボットを雇う」方が、効率がいいケースもあるかと存じます!

ぜひ、新たな選択肢として「ロボットを雇う」という案も

頭の片隅に置いてみてくださいね。

 

なお、弊社RPA「EzRobot」は、

一般的な事務レベルのIT知識で使えるシンプルな機能となっており、

月額40,000円〜ご利用いただけます。

充実のサポートもございますので、少しでも気になる方は、

お気軽にお問い合わせくださいませ。

■お問い合わせフォームはこちら↓
https://tax-rpa.com/contact/

最新のRPAコラム

RPAコラムカテゴリー