RPAコラムRPA-COLUMN

テレワーク重視派「4割」は多い?

20代転職希望者の41.6%が
「応募時に『テレワーク』の制度を重視する」
──
就職情報サイトなどを運営する企業が
そのような調査結果を発表していました。

最初にニュースでその見出しを見た際、
「4割もの人が、テレワークを重視しているとは、
 やはりコロナで時代は大きく動いたな」
と感じたのですが、

よくよくそのニュースを聞いていきますと、

テレワーク制度の有無を重視する人の割合は、
新卒学生(2022年卒)では57.2%であり、
転職希望者の方が、15.6ポイント低い結果とのことでした。

「同僚とのコミュニケーションが減る」
「オンオフの切り替えをしにくい」
「文字だけのコミュニケーションでは伝わりにくい」
「転職してすぐにテレワークをすることになったら、
 仕事を習得できるか不安がある」

といった、テレワークによるデメリットの声も上がっているとのことで、

実際に『テレワーク』を経験しているからこそ、
課題も感じている20代が多いのでは、
との推察がされています。

やはり、いざ多くの人がテレワークを実体験してみると、
単にテレワークが「もてはやされる」だけの世論では
なくなるのですね。

とはいえ、
4割の人が重視しているのも事実。

そのニュースによれば、

「通勤時間がなく時間を有効活用できる」
「自分の働きやすいペースで仕事ができる」

という働き手の現実的なメリットはもちろん、

「テレワークの制度がある企業のほうが、柔軟な働き方ができそう」
「コロナ禍でも安心して働けると思う」

という、企業イメージにも直結しているようです。

確かに、テレワーク制度がきちんと機能していれば、
子育て世代・介護世代をはじめ、
従業員本人の傷病、配偶者の転勤など
様々な事情によって安定的な通勤が難しいケースでも、
仕事を継続しやすくなります。

今後ますます日本の労働人口が減っていく中、
いかに従業員に満足して長く働いてもらうか、
いかに良いスタッフを確保していくか、は、
企業にとって大きな課題です。

会計業界も同様ですね。

メリットもデメリットもあるテレワークですが、
少なくとも、必要な時に選択肢として
テレワークがきちんと機能する環境が
今後ますます求められていくのではと考えます。

そして、テレワークもRPAも、
それそのものが、もてはやされ流行するのではなく、
人がより働きやすくなり、よりパフォーマンスを上げるための制度やツールとして
地に足のついた広がりを見せていくといいなと思っています。

最新のRPAコラム

RPAコラムカテゴリー