RPAコラムRPA-COLUMN

アウトソーシング→RPA

◎欧米における標準化

欧米では、人種や宗教の違いから、業務のマニュアル化や、標準化が

日本より進んできたという傾向がありました。

人種や宗教という、基礎的な考え方の違いから、仕事の裁量権を任せると業務の安定性を欠き、

結果として生産性を低下させる要因になったからです。

そのような歴史的背景から、欧米では標準化を行う必要が余儀なくされました。

 

◎標準化→アウトソーシング

標準化できた作業は、言い換えれば替えのきく作業であり、

ある一定の訓練を行えば誰もができる作業になります。

企業の生産性を高めようと思えば、コアメンバーに重要な業務、生産性の高い業務を集中させる。

誰でもできる業務はアウトソーシングに任せる。

この手法で経営を行うと少人数で高い利益を実現することができます。

 

◎アウトソーシング→RPA

テクノロジーの進化により、人間が行っていた単純作業を、

アウトソーシングからRPAへと移りかわりつつあります。

アウトソーシングは、人間が行う作業であることから、

時間により料金が増したり、アウトソーシング先の会社の経営状況により、

アウトソーシングできなくなるケースもあります。

しかし、RPAは、ロボットですので、時間により単価が変化することも、辞めることもありません。

以上のような状況からアウトソーシングからRPAへという流れができつつあります。

「RPA基礎」に関する新着RPAコラム

最新のRPAコラム

RPAコラムカテゴリー