RPAコラムRPA-COLUMN

銀行の変化と会計事務所の変化

銀行関連の記事は、最近では多く出ています。

 

昨日、私も大手の銀行に顧問先の融資相談に行ってきました。

5月にコロナ対策でかなり迅速な対応をしてきた。

その間の審査は迅速性を重視した。

ここ最近は、少し落ち着きじっくり審査しているというお話を聞きました。

 

会計事務所の関連の方であれば、仲の良い銀行から営業の連絡などがいつもなら入っていると思います。

弊社も、毎月のように銀行から連絡がありましたが、コロナが発生してから現在に至るまで銀行からの連絡はないです。

よほど忙しいのかと考えています。

 

新聞紙面の銀行関連で大きなところは、通帳有料化・銀行間手数料の変更・書面・押印などの接触から非接触への慣行見直し等でしょうか。

 

中小企業にとって、銀行はなくてはならないものです。

銀行が変化するにあたって、WITHコロナ、アフターコロナの時代を考えて、やはりかなり変更を行わないと中小企業も生き残れない時代になってきました。

 

中小企業をサポートする会計事務所の大きな変革も必要であると考えています。

「時事関連」に関する新着RPAコラム

最新のRPAコラム

RPAコラムカテゴリー