RPAコラムRPA-COLUMN

国民生活金融公庫 コロナ融資

本日も国民生活金融公庫へ顧問先の融資相談に行ってきました。

国民生活金融公庫は、現在8,000万円まではコロナ融資の枠になっています。

4,000万円までは、無担保無保証無利子の枠となっています。

 

多くの会計事務所の皆様が毎月のように訪問しているかと思います。

3月4月は、融資から実行へかなり時間がかかりました。

担当の方が500件抱えていて、審査に回すのに時間がかかっていました。

 

5月より政府の要請により本部も動員してくれたため、かなり迅速に対応して頂ける結果になりました。

本部の方も今は本部に戻ってしまいました。

 

現在、申し込みから融資実行まで1か月前後というところではないでしょうか。

早くて25日遅くて35日くらいのイメージを持っています。

 

本日のお話でも返済の目途について聞かれました。

やはり国民生活金融公庫の方も貸すことは可能だし、今までも貸してきたが、返済できるかどうか。

また、国民生活金融公庫だけの融資では限界があるため、他の金融機関で融資が受けられるかどうかを気にしていました。

 

やはり、今年の秋から年末、来年初めにかけて、事業資金不足による会社の資金繰りが厳しくなる会社が相当数出てくるという見立てです。

 

なかなか次のビジネスモデルを探すことが普通の会社では難しくなるなか、顧問先の力になれる部分を探す日々です。

「時事関連」に関する新着RPAコラム

最新のRPAコラム

RPAコラムカテゴリー