RPAコラムRPA-COLUMN

イマココ!緊急度×重要度マトリクス

こんにちは。会計事務所RPA研究会のS美です。

あまりにも有名な「緊急度×重要度マトリクス」。

皆様もお使いになるシーンがあるでしょうか。

ご存知の通り、

緊急かつ重要
緊急かつ重要ではない
緊急ではないが重要
緊急ではなく重要でもない

の4種です。

 

年末から3月決算の申告に当たるこの5月まで、

まさに会計業界は「緊急かつ重要」なタスク一色ですよね!

それ以外が入り込む隙間はほぼ無し。

そして、5月が終わる頃には、精力を使いきり、

「ちょっとゆっくりさせて」モードに突入です。

「緊急」で「重要」なことに半年も邁進していたのですから、

それくらい必要です!!

 

とはいえ、「ちょっとゆっくり」と言ったって、

フランス人のようにバカンスに出られるわけでもないですし、

通常業務をこなす必要はありますから、

繁忙期よりはやや落ち着いたテンションで、

なんとなく業務をこなしている内に、あっという間に11月という・・・。

こんな業界特有のループがあるのではないでしょうか。

 

しかし、この6〜11月。

ほんの少しだけアクセルを踏んで、

緊急ではないが重要」要素を業務に取り入れてみませんか?

きっと貴方にも、この繁忙期に感じた数々の課題があるはずです。

目の前のタスク優先するため、気にはなっても「仕方ない!」とやり過ごした

不便さや引っかかりがありませんか?

かつては気になっていたものの、もう慣れて諦めた妙な導線がありませんか?

それらの課題解決こそ、まさに「緊急ではないが重要」なタスクです。

 

どんな些細なことだとしても、その小さな課題解決の積み重ねが、

間違いなく次の繁忙期を楽にします

良いか悪いか、人間は忘れる生き物なので、

繁忙期が近づいてきてから思い出して取り組もうと思っても、

その頃には、細かな不便さを忘れてしまっているものです。

そして、繁忙期の最中に思うのです。「ああ、これ去年も微妙に手こずった…」と。

だからこそ、今が取り組み始めるのに最適なタイミングなのです。

 

小さなことで言えば、

書類のファイリングのやり方、

データ保存場所や保存名称の統一、

不要な行程の省略や簡略化など、いろいろありますよね。

 

そして、おそらくRPAの導入も「緊急ではないが重要」に

該当することと思います。

「RPAで単純入力などを自動化すると楽になることはわかっている。

 ミスやヒューマンエラーも減る。ストレスも残業も軽減する。

 だけれども、手をつける余裕がなかった。」

こういった方は非常に多いはずです。

しかし、RPAを取り入れて、確実に労力とストレスをカットできた事務所が

すでに多数存在しています

もちろん、RPAをダウンロードすればそれで即戦力!ということではなく、

導入やシナリオ作成、事務所への浸透など、一定の時間と手間はかかります。

しかし、時間と手間をかけた分、先のゆとりが手に入るのです。

 

つまり、着手するなら「今」!!!

ということで、

弊社でも久しぶりにオンラインセミナーを開催します。
↓↓↓

—————————————————————

1時間で分かる!今さら聞けない RPA入門セミナー

<セミナー内容>
■ RPAとは何か
■ RPAを活用するとどのような業務を自動化できるのか
■ RPAを導入する場合に必要なことは?
■ RPAなどのロボットがなぜ今必要なのか
■ 様々なRPA製品の中で、何を基準に選べばいいのか

<日時>
■ 6月7日(火) 10時~11時
 ※オンライン開催

<参加費>
無料

<定員>
20名

詳しい内容やお申込はこちら

—————————————————————

RPAを独学するにはちょっと腰が重いということもあってか、

昨年度のこの時期にも大変ご好評いただいたセミナーです。

 

会計人が最初に知っておくべきRPAのエッセンスを

1時間に濃縮していますので、

もし少しでもRPAを検討されているなら、

この区切り期のスタートダッシュとして、ぜひご参加ください。

 

皆様のご参加を心よりお待ちしております!

「RPAセミナー情報」に関する新着RPAコラム

「スタッフ日記」に関する新着RPAコラム

最新のRPAコラム

RPAコラムカテゴリー