RPAコラムRPA-COLUMN

アンビシャス税理士法人様のオンラインセミナー

◎大好きなアンビシャス税理士法人様

本日(2020年5月3日)は、
京都にあるアンビシャス税理士法人様のオンラインセミナーを受講致しました。

私は、昨年500前後の税理士事務所様を訪問しました。
その中でもアンビシャス税理士法人様は、大好きな税理士法人の一つです。

何が好きなんだろうなぁと不思議に感じていましたが、本日少し分かった気がします。
代表の入口先生を始めとした、事務所の皆様の温かにあると思いました。

昨年暮れパーティーにも参加させて頂きましたが、
とても心温まる素晴らしいパーティーでした。

 

◎オンラインセミナーの内容

★会社を存続させるかどうか

本日のセミナーの内容ですが、かなり衝撃を受ける内容でした。
冒頭“会社を存続させるかどうかという議題”から始まりました。
この時期、会社を存続させるかどうかを悩む経営者は
よほど内部留保がある会社以外の殆どの方は頭をよぎると思います。

入口先生は、無理して会社を存続させる必要はなく、
しっかりと考えるべきだという論調です。
私も、同意致します。

 

★緊急事態宣言、緊急事態宣言後のワクチンや薬が開発されていない時期、
アフターコロナという3つの期間

会社を存続させることが、本当にステークホルダーにとって最善の策かどうか、
今一度経営者は考えるべき岐路です。
理由は、緊急事態宣言、緊急事態宣言後のワクチンや薬が開発されていない時期、アフターコロナ。
上記の3つの期間を考えれば、今ある業種が本当に存在するかどうかは不透明です。
ここは、冷静に見極める必要があります。
入口先生の素晴らしいと思う点は、現状をしっかり分析され、
優しく包み込むような口調で話される点にあります。
相談したくなる、そして何か心が楽になる、解決に導いてくれる、
そのように思わしてくれる独特な口調です。
私のクライアントと接し方とは、全く違いますが、
なかなか人が真似しようともできない独特な特殊能力を持っておられます。

 

★会社、存続を決めた経営者がすべきこと

会社存続を決めた経営者がすべきことは、
資金と一緒に働いてくれる方へのメッセージ。
資金は融資を中心に分かりやすく、具体的な事例に基づき、細かく説明されていました。
最新の情報も含めて、しっかり情報を獲得されているという印象でした。
働いてくれる方へのメッセージも、私にはない視点でした。
チームワークのある組織を作っている入口先生の心のこもったメッセージでした。

 

★参加者同士の情報共有

最後に参加者同士の情報共有の場がありました。
皆さま、それぞれの立場でお話されていました。
実際の融資を経験した話、実際に経営している経営者の方の率直な今の心境など。
皆さま、全く飾り気を出さずに、お話をされていて、
なおかつ、実際ご自身が体験されているということで、説得力もあり、
話している内容がすっーと入ってきました。

 

★今回のセミナーを通しての感想

入口先生には、直接お伝えしましたが、
今は不安定な時期であり、みんなが将来に不安を感じ、
現在にやるせなさを感じる時だからころ、
1か月に1回オンラインセミナーを開いて下さいとお願いしました。
私も、そうですが、やはり経営者は、常に緊張し、
虚勢を張って生きているのだと気が付きました。
そうでもしないと不安に押しつぶされそうになるからです。
アンビシャス税理士法人様のように、
温かな組織に触れあうことこそが、この時期には必要だと痛感しました。

今回は内容も濃く、重要かつ最新の情報がたくさん盛り込まれていましたが、
アンビシャス税理士法人様とクライアント様の座談会でも良いと思います。

色々と本当に気付き、学びの多いオンラインセミナーでした。
皆様も是非ご興味あれば、アンビシャス税理士法人様のセミナーを
一度受講されてみることをお勧めいたします。

 

最後に、アンビシャス税理士法人様、準備を含め、ご苦労がたくさんあったかと思いますが、
本当に素晴らしい時間を提供させて下さり感謝しかございません。
本当に、有難うございました!!

「その他」に関する新着RPAコラム

最新のRPAコラム

RPAコラムカテゴリー