RPAコラムRPA-COLUMN

アフターコロナの会計事務所経営の予測

◎会計事務所の売上減少

コロナウイルスの影響で、経済は今までにない規模で縮小する。

これは、予想というよりも、皆さんが感じるところだと思います。

経済縮小は、会計事務所の顧客の売上減少、顧問契約解除を一定数出てきます。

ここまでは、会計事務所の経営者は、今絶対に考えていることです。

 

ある程度の事業特化の会計事務所では、今まさに影響を受けているところもあるでしょう。

また、殆どの事務所が無傷ではいられない状況です。

 

◎未使用な機能の使用率向上

WITHコロナ・アフターコロナの時代は、

コロナ以前と同じ経営を行っていると利益は絶対に下がります。

当然、利益を維持・向上させるためには、2つのパターンしかありません。

売上を上げる戦略でいくか、生産性を上げる戦略でいくかです。

売上を上げる戦略ができる事務所は限られています。

一般的な事務所は、生産性向上を目指すべきです。

ある程度、既存の組織を一から考え直すくらいでないと勝てないのではないかと考えます。

 

先日(株)名南コンサルティング様とMyKomonについてお話しました。

弥生(株)様と、スマート取引取込のお話もしました。

共に共通している点が、有用な機能を使っている事務所が少ないとことでした。

機能を使っていないということは、その部分を人間が行っているということです。

 

◎人間の行う業務を大切に

人間の行う業務はとても大切です。

だからこそ絞りませんか?

人間以外でできる部分は、今もたくさんあります。

使っていない事務所様は、非常にもったいないです。

 

今こそ、人間を大切にし、人間にしかできないことを限定的に任せましょう。

今まで、人間が殆どの業務を行っているとすると、

既存のソフトの使用していない有用な機能を活用するだけで生産性は確実に上がります。

 

◎今からやるべきこと

WITHコロナ・アフターコロナの時代には、今までより売上ががりにくい時代になります。

売上が上がらない中で、利益を維持、上げるためには生産性向上しかありません。

今から人間を大切にした経営、人間にしかできない部分だけ人間が行い、

他はテクノロジーに任せる経営。

1か月、2ヵ月でできることではありません。

事務所の大規模なシステム変更を余儀なくされることですので、早めに行動を行い、

生産性の高い、勝てる事務所経営を行うべき、かじ取りを行う時期にきています。

 

「経営」に関する新着RPAコラム

最新のRPAコラム

RPAコラムカテゴリー