RPAコラムRPA-COLUMN

「倍返しだ!」

先日、テレビでニュースを見ていたところ、
ある和食店に取材が入っていました。

今、飲食店は非常に厳しい状況にありますが、
その和食店の店主は、
「厳しいが、今だからこそできることに力を注ぎたい」
とのことで、

20時に閉店した後の時間を、
若手の育成にたっぷりと当てられていました。

普段であれば、
なかなか育成に力を入れている暇がないが、今ならできる。
外からの成果(売上)は減少したが、
内からの成果として、今一番上がる成果は人の成長だ。

といった内容でした。

そして、収束した暁には、
成長した若手達とともに「倍返しだね!」と
笑顔ながらも気を引き締める皆さんの姿。

もちろん、このような取り組みができること自体、
厳しい中にも多少のゆとりがあるのかもしれず、
そんな余裕すらない事業者様も多いことと存じます。

なので、この和食店の事例を単に賞賛するわけではないのですが、
やはり、どんな状況にあっても、
それを何らかのチャンスと捉え、
今できる最善の道を模索し、行動に移すことには、
力が宿ると感じたニュースでした。

きっと、皆様のクライアント様でも、
新たな形態の模索(デリバリー、テイクアウト、通販、営業時間変更etc.)や、
新メニューの開発など、
様々な努力を続けていらっしゃることと存じます。
そこを税理士として何とか支えていきたいものです。

 

そして、
我々も、自事務所経営という面から考えれば、
このコロナ禍を何のチャンスとすべきでしょうか。

その一つの道が、テクノロジー活用だと考えています。

社会がこれほど一気にテクノロジー活用に舵を切るタイミングも
そうそうないもの。

この波を好機として、しっかり行動に移し、
雑務やルーティンを徐々にテクノロジーに任せていくことで、
事務所のスピード感も上がり、生産性も向上し、
”人手だけに依らない”というリスクヘッジにもなり、
スタッフのモチベーションも高められるのです。

その成果が実り始めた時、
それはまさに「倍返し」!

我々会計事務所も、
クライアントとともに、
コロナに「倍返し」していきましょう。

最新のRPAコラム

RPAコラムカテゴリー