RPAコラムRPA-COLUMN

WITHコロナ時代の経済と心の葛藤

6月19日から都道府県をまたぐ移動について、全国的に緩和されました。

プロ野球も始まりました。

徐々に日常を取り戻しつつあります。

もちろん、緩和されたとしても、クラスターを発生させないために各人の意識はしっかり持つべきです。

 

◎個人的に外出する、外食する、旅行するは心の問題が大きい

個人的には、心の問題の大きさを痛感させられます。

今まで、外食を我慢していた方、旅行を我慢していた方は、緩和されたことにより積極的に行動する方も多いでしょう。

予定では、8月1日から、大きなクラスターが発生しなければ、GO TOキャンペーンに移行します。

大きなクラスターがないことを心より願っております。

しかし、GO TOキャンペーンで、特典を利用する方々も大勢いるかと思います。

まだ、薬が開発されていない段階で、不要不急の外出は薬ができるまでは控えようという方も大勢います。

月に2度行っていた外食を1度に変更するや、深夜までや、店舗の広さがあまり大きくないところは避けようとする方もいると思います。

皆様、感じていると思いますが、経済との両立は本当に難しいです。

 

◎心が慣れるまでの時間

飲食店に行っても、やはりなかなか話しにくいという心情が働きます。

1人でお店に入った場合は良いのですが、何人かで話をしに行く場合に、飲食店で、食べる際はマスクをして、話すときはマスクをするというのも不便に感じます。

冬の忘年会など、規模の大きな会社の行事も想像が今はできません。

私たちは、利用する立場ですが、飲食店の経営者の方は、1坪あたりの売上高などが大切になるために、利益を上げるのがかなり難しい状況になっていると思います。

皆様の心が自粛から解き放たれる、切り替えの早い方は簡単なのでしょうが、私個人はなかなかまだついていけておりません。

自粛と緩和、心がついていけない現状、自分自身にもどかしさを感じます。

最新のRPAコラム

RPAコラムカテゴリー