RPAコラムRPA-COLUMN

6月5日 株式会社マネーフォワード様主催セミナー

株式会社マネーフォワード様主催セミナーに登壇させて頂きました。

257名の方が事前に参加申込をして頂き、

本日参加頂いた全ての方に感謝しかございません。

本日は20近くの質問を頂き、参加頂いた方の熱気が伝わってきました。

7月も同様の内容のセミナーを行って頂けますので、

是非今回参加されなった方はご参加頂ければ幸いです。

 

◎クラウド会計とデジタルの親和性

クラウド会計と資料回収のデジタル化は、親和性がとても高いです。

資料をデジタルでもらい、ドロップボックスとチャットワークなど

色々なツールを利用して、より自動化をはかることができます。

株式会社マネーフォワード様のツールで、

連結できていない部分をRPAが補うという形がベストだと感じています。

 

◎今回のセミナー中に動画を使った2つのロボット

・医療費控除ロボット

ストーリムドからCSVをもらって

達人の医療費のCSVでインポートをするというロボットです。

今回の弊社の確定申告で役に立ったロボットですので、

自信をもって紹介致しました。

本来であれば資料をデジタルでもらいたいところですが、

医療費の領収書は現段階ではしょうがないと認識しています。

デジタルでもらえない資料に関しては、

ストーリムドはかなり強いと感じています。

ストリームドを使い、エクセルの関数からRPAとRPAの

最大限生きる要素を盛り込んだロボットです。

参加者の方から質問も来ましたので、

関心があったのではないかと推測しています。

 

・内訳書作成ロボット

マネーフォワードから達人の内訳書を作成するというものです。

一旦昨年度の達人の内訳書をエクスポートして、

昨年と変わらない口座などは残高を、

今年新しくできた口座はロボットが作成するというものです。

これもロボットが行っている間に

人間は違う作業を行うことができるという意味で、

とても役に立つロボットです。

このロボットに関しても質問を頂けました。

 

◎資料回収

資料回収をデジタルにする。

インターネットバンキングや、クレジット決済を行うことで自動化できる。

ただし、会計事務所の顧問先が全て

インターネットバンキング、クレジット決済の導入ができるわけではない。

それに対して、ストリームドで

紙資料に対して補っていくという、製品と連携がとれています。

ただし、もっと便利にしたい、ここが足りないということは

人間は絶対に思うところです。

その部分で、自動化の割合を高めるために

RPAはかなり役に立つと再認識致しました。

 

◎自動仕訳

ストリームドによる自動仕訳のチェックは、

ストレス感じる人が多い業務の一つです。

マネージボードのAIチェックは、

ストリームドをより精度の高いものにしてくれます。

RPAも仕訳チェックはできます。

ストリームドの仕訳を、マネージボード、RPAとチェックして

最後は人間がチェックすることにより、より精度が高いチェックになります。

先に二つのテクノロジーのチェックが入ってくれていることにより、

人の負荷やストレスもかなり軽減できます。

 

◎株式会社マネーフォワード様

まだ、マネーフォワードを使っていない方は

是非使ってみて自動化を体験してみてください。

マネーフォワードは使っているけど、

ストリームドやマネージボードを使用していない方も是非試してみてください。

テクノロジーの進化を感じることができる商品です。

 

是非、一度は使ってみる。

使うだけでは、慣れない間はやはり使いにくいので

ある程度使用した後に判断して頂ければと思います。

 

最後に、5月申告が終わって間もない中、

本当にたくさんの方が集まって頂き、

参加して頂いた方には感謝しかございません。

また、株式会社マネーフォワード様の皆様、

たくさんの人数のオンラインセミナー集客・運営など、

本当に有難うございました。

「セミナー関連」に関する新着RPAコラム

最新のRPAコラム

RPAコラムカテゴリー