RPAコラムRPA-COLUMN

顧問先へ伝える方法

顧問先からの資料のデジタル化は、今後の会計事務所にとって必須です。

RPAを行うことより、クラウド会計を行うことより、顧問先の資料のデジタル化が最も重要になります。

顧問先の資料をデジタル化できれば、将来全部の仕訳・内訳書・申告書の自動化ができます。

 

顧問先へデジタル化を伝える方法は、皆さんが皆さんの会計事務所を自動化する際に、どの部分が人の力でないとできない部分でしょうか?

まずは、人の力でないとできない部分を考えてみてください。

ここでいう自動化は完全自動化です。

 

自動化できない部分はどのツールがあれば補えるでしょうか?

もしくは、現在自動化できている部分はどのツールにより自動化できているのでしょうか?

自動化できている部分の便利さは皆さんで分かるところです。

将来をイメージして、顧問先の生き残りにもデジタル化は役立つと考え提案すべきです。

 

現在自動化できていない部分を自動化するツールを、想像してみて、実際にそのツールを使ってみてください。

その際に、自動化できたが、かなり手間のかかる部分、簡単に自動化できた部分、色々な意見が出てきます。

それをそのまま顧問先へ伝えること、自分の経験に基づいて、伝えると真実性が一気に上がります。

 

是非、一度、完全自動化を自社で目指して、その結果を顧問先へ伝えてみてください。

最新のRPAコラム

2020/08/14
2020/08/13
2020/08/11
2020/08/10

RPAコラムカテゴリー