RPAコラムRPA-COLUMN

第2期ロボット発表会、最終回でした!

昨日2月10日、第2期ロボット発表会の最終回でした。
12月・1月・2月と繁忙期にも関わらず、多くの会計事務所様にご参加いただき、
また、毎月ロボットを作成いただき、本当にありがとうございました。

昨日の発表会の中で、非常に印象に残った発言があります。

『最初に自力で作ったところ、1,400を超えるシナリオ数でしたが、
サポートの皆さんにいろいろとアドバイスをいただき、シナリオ数が200になりました』

我々がご案内しているEzRobotは、その名の通り、
日常的にPCを触っている方でしたら、直感的に操作できる、
非常に簡単なRPAシステムです。

毎月開催しておりますオンライン勉強会(初級・中級・上級)を受講いただきましたら、
基本的な操作方法や簡単なロボットの作り方をマスターできます。

勉強会受講後、「これならできるぞ!」と、
実務で使えるRPAシナリオ作成を一人でスタートしてしまうと、
長い長いシナリオに途中で疲れてしまったり
わからないことが出てきて、そのまま作成が止まってしまったり
はたまた、シナリオ作成途中に、動かしたいシステムのアップデートが起こってしまい、
昨日まで動いていたRPAが急に動かなくなってしまったり
と、壁にぶつかってしまうケースも見られます。

ぜひ、契約事務所様には、積極的にサポートを受けていただきたいと思います。
自力で作るよりも何倍もスピーディーにロボット作成が進みますし、
日々追加される便利な機能もご案内させていただきます。


これからまだ数ヶ月、会計事務所の繁忙期が続きます。
繁忙期ということで、なかなかロボット作成まで手が回らない事務所様も多いかと思いますが、
言い換えれば、逆にエンジニアによるサポートの予約が取りやすい状況でございます。

3月は確定申告が大詰めになりますので、次回のロボット発表会(第3期)は4月にスタートいたします。
こちらもぜひご参加ください!

「実際に作ったロボット」に関する新着RPAコラム

最新のRPAコラム

RPAコラムカテゴリー