RPAコラムRPA-COLUMN

創業90年、老舗会計事務所のデジタル化ノウハウ!

こんにちは。会計事務所RPA研究会 株式会社です。

 

まさに、繁忙期となりました。

紙資料の多さにゲンナリもしますが、

「デジタル化」と一口に言っても、

そう簡単にはいかない状況・・・ありますよね。

 

そもそも、データでの資料回収がかなえば、

デジタル化も多少は進めやすいのですが、

 

古くからの顧問先だとデジタル化を依頼しにくかったり、

固定化している一連の流れを変えるのは一苦労だったり、

なかなか、デジタル化の舵を切れない事務所様も多いかと存じます。

 

とは言え・・・

積もり積もる書類にストレス・・・、

そして、これからの時代を見据えた時、

いつまでも現状にあぐらをかいてもいられない・・・。

 

 

そんな事務所様、必見!!!

 

この度、弊社主催の

「AI-OCR+RPA 自動化フォーラム」に、

京都で創業90年、伝統ある老舗事務所である

「税理士法人広瀬」様をお招きいたしました!

 

今回お話くださる4代目後継者の廣瀬様は、

ITやRPAを活用し、業務の効率化や生産性向上を行いながら、

自社活用だけでなく業界の発展のために

RPA導入セミナーや導入フォローなど、

積極的に実施されていらっしゃいます。

 

 

古くからの顧問先も非常に多い中、

しかも、京都という土地柄にありながら、

 

どうやってデジタル化にシフトしてきたのか、

その中で、どんな手段やマインドが有効であったのか、

デジタル化の効果はいかほどだったのか。

 

これらを伺いつつ、

今後、会計業界のスタンダードになろうとしている次の技術、

AI-OCRをどう捉え、どう対応するのか。

 

この点についても、本音でお話いただける予定です。

 

規模や創業年数にかかわらず、

「デジタル化」へのスムーズな対応は、

どの会計事務所にとっても課題のはず。

ぜひこのセミナーで、そのヒントをつかんでいただければ幸いです。

 

 

また、

廣瀬先生の他にも、

士業のTOPコンサルタント、

地域密着型の地方事務所様など、

多様なゲスト講師をお招きしている

今回の「AI-OCR+RPA自動化フォーラム」。

 

 

正直申し上げて、

この「AI-OCR+RPA」の組合せは、

税理士業務に革命を起こします。

 

もはや長期スパンで言えば、税理士業務改革の

大きな第2ステージに入ったとすら考えております。

 

この姿を見据えているかいないかで、

未来の事務所のポジションが変わっていくかもしれません。

 

ぜひ、共にそのスタートラインに立ちませんか?

 

既に100名を超えるお申し込みをいただいている

「AI-OCR+RPA自動化フォーラム」、

ぜひ、ご参加を心よりお待ちしております。

詳細は、以下の専用ページをご覧ください。

https://tax-rpa.com/lpage/jidoukaforum/

「RPAセミナー情報」に関する新着RPAコラム

最新のRPAコラム

RPAコラムカテゴリー