RPAコラムRPA-COLUMN

会計事務所のM&Aの成功の条件

昨日のチャリティーセミナーでも、話がでましたが、前の会計事務所の社員が一人も残らなかったという話です。

改めて会計事務所M&Aの難しさを感じました。

もちろん成功すれば、かなり事務所拡大には大きな武器になります。

 

では、成功の条件はどこになるのでしょうか?

成功の条件は逆に失敗したケースの分析の裏返しかと思います。

今まで私が聞いた中で一番多い失敗の理由は、やはり文化の違いです。

M&Aを行う会計事務所は、最新の技術をある程度導入している会計事務所。

規模の大きな組織的に経営できている会計事務所が多いです。

 

逆に買収される側の会計事務所は、後継者がいない会計事務所。

比較的規模の小さな会計事務所です。

この違いだけをみてもうまくいくケースは少なくなります。

 

では、うまくいくケースは、やはり購入する側にある程度合わせるという考えから、最先端の技術を導入できるような土壌がある、もしくは早期に導入できること。

個人商店を組織化できるノウハウをもっていること。

このような事務所が成功しやすいと考えています。

 

また、成功するためには、やはりM&Aで大きくなっている事務所も多数あります。

その事務所のセミナーなどで話を聞き、成功している事務所の共通項を見出すことかと思います。

必ず、共通項と個別事項があります。

その中で、ある一定数の話を聞くと共通項が見えてきます。

そこが一番の成功の条件かと思います。

 

今後M&Aを考えている事務所が失敗をできるだけ防ぐことが、双方にとっての成功になるので、しっかりと成功の条件を見出してから行動頂ければと思います。

「経営」に関する新着RPAコラム

最新のRPAコラム

RPAコラムカテゴリー