RPAコラムRPA-COLUMN

7月30日 チャリティーセミナー アンビシャス税理士法人様

本日のチャリティーセミナーはアンビシャス税理士法人の入口先生にご登壇して頂きました。

冒頭に私の方からは、ご紹介致しましたが、入口先生は、周りから好意を持たれるという能力の方です。

独特の話の間と過去のご苦労からか、知らず知らずのうちに入口先生の世界に引き込まれていきます。

 

◎京都の現状

京都はインバウンドの旅行の方が全くおられず、四条通、公共交通機関などで人手がいない状況になりました。

昨今ホテルを多く作っていたそうで、ホテルもお客様に困っている状況だそうです。

八つ橋や、お漬物などのお土産も大きな影響を受けているそうです。

私も京都に先祖のお墓があるので、年に数回行きますが、二条城や金閣寺などインバウンドの観光の方が非常に多かったです。

私の実家のある奈良県ではインバウンドの観光の方は多くは感じませんが、京都はいつも多いと感じていました。

 

◎コロナの中で行ったサービス

コロナの中では、まずは資金調達をメインに行われたそうです。

ただし、コロナが長期化することにより、3年間据え置いたとしても資金の返済の目途が立つかどうかを気にされていました。

今は、何とか資金を耐える状況にしますが、3年間で返済できるようになるまで回復するかどうかは難しいことです。

入口先生は、他の柱を今のうちに作り、返済できる状況にすることが大切だという見解です。

私にはない発想でしたので、弊社の顧問先にも提案してみたいと思います。

 

◎最後に

本日のお話で一番楽しかったのは、今年年末のアンビシャス様の売上や事業計画に関して、楽観的に考えているというお話でした。

このあたりが入口先生の魅力なんだなぁとつくづく思いました。

 

本日はお忙しい中入口先生有難うございました!!

また、お聞きになって頂いた皆様にも感謝いたします!!

最新のRPAコラム

2020/08/14
2020/08/13
2020/08/11
2020/08/10

RPAコラムカテゴリー