RPAコラムRPA-COLUMN

テレワークでとても大切な考え方

◎緊急事態宣言の延長

2020年5月4日緊急事態宣言の延期が発表されました。

その中でテレワークの強力な推進が要求されました。

現在、経営者として考えないといけないことは、

緊急事態宣言中、WITHコロナ、アフターコロナという3つの世界に関してです。

 

現在、弊社でもテレワークに関するセミナーを多く開催しています。

皆様がテレワークを導入されたとき、上記3つの世界に関して、どの世界まで行いますか?

 

◎緊急事態宣言中とWITHコロナとテレワーク

緊急事態宣言中は、8割の人との接触を減らすことを目標に、

外出をできるだけ避けるという意味で、テレワークを導入することが余儀なくされます。

コロナは、長期戦という表現をよく使われます。

第二、第三の波を食い止めるためにも、

大切な従業員や、家族を守るためにWITHコロナでもテレワークは持続すべきです。

緊急事態宣言中ほど、出勤割合を減らす必要はないまでも、一部はテレワークをすべきです。

 

◎アフターコロナの世界

アフターコロナの世界では、テレワークをどのようにお考えでしょうか?

テレワークは管理が難しいという部分はあります。

一方で、能力の高い方はテレワークではたくさんおられるという事実もあります。

 

◎テレワークに合った業務

一つの考え方として、テレワークに合った業務は、

毎月一定量を任せるという業務は向いています。

(現在のような、緊急事態宣言中の話ではなく、アフターコロナの話です。)

例えば、月5,000仕訳の記帳を行ってほしいとか、

10社の予実管理や経営分析に必要な資料を作成してほしい等です。

ある一定量をある一定期間で行うことであれば、

時間的にまとまった時間がとれない方や、会社まで来れない方にとっては有用です。

 

◎会社のシステムの一部に組み込まれるテレワーク

アフターコロナの世界では、テレワークを業務の一部として捉える必要があります。

そのためには、テレワークをどのように運用することが必要かを、

やりながら微調整していく必要があります。

 

会社の中のシステムの中で、テレワークが有機的に機能している会計事務所の生産性は高いです。

皆様の事務所におきましても、テレワークをアフターコロナの世界においても、

持続して頂ければと考えています。

「時事関連」に関する新着RPAコラム

最新のRPAコラム

RPAコラムカテゴリー